沖縄で、野菜栽培促進器、太陽光発電、オール電化、液体ガラスの販売・施工なら株式会社ユキシンへお任せ下さい。

株式会社ユキシン

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

よくある質問

気候変動枠組条約

気候の変化

気候変動枠組条約とは、地球温暖化問題に対する国際的な枠組みを設定した条約。大気中の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素(亜酸化窒素:N2O)など)、HFCs、PFCs、SF6)の増加が地球を温暖化し、自然の生態系等に悪影響を及ぼすおそれがあることを人類共通の関心事であると確認し、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ、現在及び将来の気候を保護することを目的とします。気候変動がもたらすさまざまな悪影響を防止するための取り組みの原則、措置などを定めています。

経過

世界の動向

1992年5月ニューヨークで作成
1992年6月リオ・デ・ジャネイロで開かれた環境と開発に関する国際連合会議(UNCED、地球サミット)で採択され、署名のために開放、155か国が署名
1994年3月発効
2003年12月187か国および欧州共同体(EC)が締結している。

日本の動向

1992年署名
1993年5月国会で承認され、批准
1993年5月受諾書を寄託
1994年3月効力発生
1994年6月公布(条約第6号)
2008年4月京都議定書の約束期間開始(2012年まで)

Wikipediaより引用

関連サイト

PAGETOP