沖縄で、野菜栽培促進器、太陽光発電、オール電化、液体ガラスの販売・施工なら株式会社ユキシンへお任せ下さい。

株式会社ユキシン

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

よくある質問

京都議定書

気候変化予測

地球温暖化が及ぼす影響

急激な産業化による二酸化炭素発生量増加は地球温暖化現象を加重させ、これによる気候変化は海水面の上昇と豪雨および大雪などの気象異変を起こし、陸上および海洋生態系の変化、人類健康に直・間接的な影響を及ぼすと展望されます。
IPCC報告書によれば近い未来には温暖化率がより一層加速化され、人類社会に深刻な影響を与えることと予想されます。温室ガスの人為的排出に対する規制および縮小政策が施行されない場合、2100年には地球平均温度が1990年対応1.4 ~ 5.8℃上昇されると予想されます。
UNEP(United Nations Environment Program)は海水面の高さが50cm高まる場合マーシャル群島内の環礁が約80%もなくなり、バングラデシュの17.5%,ウルグアイの0.05%が浸水すると明らかにしました。海水面が1m上昇すればバングラデシュのような低地帯地域は地図から消え、世界耕作地の1/3以上が被害をこうむるようになるだろうと警告しました。

主要内容

推進背景

地球温暖化に対する科学的資料が増加し、世界的な努力が必要だという認識が広がり、UN主観で1992年ブラジルのリオデジャネイロで開かれた環境会議で「気候変化に関したUN協約(UNFCCC)」が採択され、1994年3月に発効されました。

目的

気候変化協約は人類の活動によって発生する危険で人為的な影響が気候システムに及ばないように大気中温室ガスの濃度を安定化させるのを究極的な目的とします。

基本原則

気候変化の予測・防止のための予防的措置の施行、すべての国家の持続可能な成長の保障などを基本原則(第3条) 先進国は過去から発展を成し遂げてきながら大気中に温室ガスを排出した歴史的責任があるので先導的役割を遂行するようにし、開発途上国には現在の開発状況に対する特殊事情を配慮するものの共同の差別化された責任と能力に立った義務負担(第4条)

進行状況

気候変化協約の進行状況は?

気候変化協約に加入した国を当事国(Party)といい、これらの国が毎年一回ずつ集まって協約の履行方法など主要事案に対し決める所を当事国総会(COP,Conference of the Parties)といいます。したがって当事国総会は協約に対する最高意志決定機構だと言えます。

第1次当事国総会(1995、3、ドイツ、ベルリン)
2000年以後の温室ガス縮小のための交渉グループ(Ad hoc Group on Berlin Mandate)を設置して議論結果を第3次当事国総会に報告するようにするベルリン委任(Berlin Mandate)事項を決めた。
第2次当事国総会(1996、7、スイス、ジュネーブ)
アメリカとEUは縮小目標に対して法的拘束力を付与することに合意した。また気候変化に関する政府間協議体(IPCC)の2次評価報告書の中「人間の活動が地球の気候に明らかな影響を及ぼしている」という主張を科学的事実とし、公式で認めた。
第3次当事国総会(1997、12、日本、京都)
付属書Ⅰ(AnnexⅠ)各国の温室ガス排出量縮小義務化、共同履行制度、清浄開発体制、排出権取り引き制など市場原理に立った新しい温室ガス縮小手段の導入などを主要内容とする京都議定書(Kyoto Protocol)を採択した。
第4次当事国総会(1998、11、アルゼンチン、ブエノスアイレス)
京都議定書の細部履行手続き用意のための行動計画(Buenos Aires Plan of Action)を樹立し、アルゼンチンとカザフスタンが非付属書Ιの国では初めて温室ガス縮小義務負担意志を表明した。
第5次当事国総会(1999、11、ドイツ、ボン)
アルゼンチンが自国の自発的な縮小目標を発表することによって開発途上国の温室ガス縮小義務負担問題が浮び上がった。アルゼンチンは自国の温室ガス縮小義務負担方案で経済成長に連動された温室ガス排出目標を提示した。
第6次当事国総会(2000、11、ランダ、ハーグ)
2002年に京都議定書を発効するために京都議定書の詳細運営規定を確定する予定だったが米国、日本、オーストラリアなどUmbrellaグループとヨーロッパ連合(EU)間の立場の差で交渉が決裂した。
第7次当事国総会(2001、11、ロッコ、マラケシュ)
第6次当事国総会で解決されなかった京都メカニズム、義務遵守体制などにあっての政策的懸案に対する最終合意が導き出されることによって清浄開発体制など京都メカニズム関連事業を推進するための基盤を用意した。
第8次当事国総会(2002、10、インド、ニューデリー)
統計作成・報告、Mechanism、気候変化協約および京都議定書の今後方向などを議論したし、当事国に気候変化への適応(Adaptation)、持続可能発展および温室ガス縮小努力要求等を含んだニューデリー閣僚宣言(The Delhi Ministerial Declaration)を採択した。
第9次当事国総会(2003、12、イタリア、ミラノ)
技術移転など気候変化協約の履行とCDMを含むのための正義および方式問題など京都議定書の発効を前提とした履行体制補完に対する議論が進行された。
また、技術移転専門家グループ会議の活動と開発途上国の適応および技術移転などに支援される気候変化特別基金(Speacial Climate Change Fund)および最貧国(LCD:Least Developed Countries)基金の運用方案が妥結した。
第10次当事国総会(2004、12、アルゼンチン、ブエノスアイレス)
科学技術諮問付属機構(SBSTA)が気候変化の影響、脆弱性評価、適応手段などに関する5年活動計画を樹立したし、1次公約期間(2008~2012)以後の義務負担に対する非公式的議論が始まりました。
第11次当事国総会(2005、11、カナダ、ナイロビ)
2005年2月発表した京都議定書履行手続き報告方案を入れた19ヶのマラケシュ決定文を第一次京都議定書当事国会議で承認した。2012年以後気候変化体制協議会構成(two track apprach)に合意。
第12次当事国総会(2006、11、ケニア、ナイロビ)
第12次当事国総会決定文の主要内容は先進国の2次公約期間(2013~2017年)温室ガス縮小量設定のための議論日程に合意して開発途上国の義務縮小参加を当事国総会を通じて決定できるということであり、開発途上国の温室ガス縮小問題は13次総会で再議論される予定である。

需要内容

  • 先進国(Annex I)の拘束力のある縮小目標設定(第3条)
  • 共同履行、清浄開発体制、排出権取り引き制など市場原理に立った新しい温室
  • ガス縮小手段の導入(第6条、12条、17条)
  • 国家間連合を通した共同縮小目標達成許容(第4条)など

二酸化炭素増加率

二酸化炭素増加率グラフ図

京都メカニズム

京都議定書には温室ガスを効果的、経済的に減らすために共同履行制度(JI)、清浄開発体制(CDM)、排出権取り引き制度(ET)のような柔軟性体制を導入した。 これを「京都メカニズム(Kyoto Mechanism)」という。

柔軟性体制とは?

先進国が温室ガス削減義務を国内だけですべて履行するには限界があるという点を認め、排出権の取り引きや共同事業を通した削減分の移転等を通して義務履行に柔軟性を付与する体制をいう。
全世界的に温室ガス削減費用を減らすためのもので気候変化協約では京都メカニズムと呼ばれる排出権取り引き制(ET)、共同履行制度(JI)、清浄開発体制(CDM)等がこれに属する。

関連サイト

PAGETOP